仕事の悩みに効く薬 「仕事が楽しくなる人間学」 by ヒューマンツール研究所

仕事、人間関係、自分磨き、能力アップ、コミュニケーションなど、このブログでは、読むだけで試してみたくなる、仕事や人間関係がどんどんよくなっていく情報をご紹介します。「わかりやすくて今すぐにでも試せるスキル」の提供がモットーです。

プロフィール

ほなこう

Author:ほなこう
ヒューマンツール研究所へようこそ!

当研究所では、あなたの仕事が楽しくなるための情報やメソッドを日夜研究。
仕事力アップ・人間関係改善・自己分析・自分磨き・自分探しに私たちをお役立てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

行動力をつける7

2008/05/31(土) 14:26:47

「行動力をつける」フォースステップです。


とってもシンプル。


今すぐやる。



決断したときに、今すぐ行動を取るのです。


大きなことを決断した場合は、小さなものでもいいから
最初の一歩を踏む。


決断をした瞬間は、勢いがあります。


その勢いが消える前に「やる」。


その勢いを利用して「やる」。


【まとめ】
決断したときに、
「今すぐにやる」

スポンサーサイト
自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける6

2008/05/28(水) 09:18:21

捨てるものを決めた後は・・・


多くの人がやってないけど、このサードステップは、
やってみると驚くほど効果があります。



私は、このサードステップを編み出してから、
決断する回数が劇的に増え、
優柔不断という状態が大幅に減りました。



捨てるのって結構勇気がいります。



何かを捨てるのって、不安や恐怖や未練がありますよね?


実は、このサードステップは、不安や恐怖や未練を
断ち切るステップ
です。



それは・・・・・



捨てると決めた選択肢を、イメージ上で、
切り捨てる。


やり方は簡単です


①捨てる選択肢をイメージする。

②刀を持ってるイメージをして、捨てる選択肢を
スパッと真っ二つに切る。



コツは、できるだけオーバーに思いきり切る。



これは、人のしがらみや未練を断ち切るのにも
効果があります。


もっとも、その場合、人は切らないでくださいね(笑)。

その人とつながっている「糸」を切るイメージをしましょう!



【サードステップのまとめ】

捨てるものを真っ二つに切るイメージをする。
できるだけ勢いよく。
自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける5

2008/05/27(火) 00:57:08

今まで先延ばしにしてきた決断・・・


でも今日からは、目的地に着くため、とりあえず決断をしようと決めたあなた。



セカンドステップは・・・


捨てるものを決める です。



選ぶものを決めるでは? いえ、これは間違いではありません。

捨てるものを決めるのです。



仮に、選ぶものを決めたとしましょう。


忙しいあなたは、まずできない。


なぜなら、選んだことをする暇がないから。


だから、大切なステップ。
「捨てるものを決める。」


でも・・・・


捨てるのは、怖いですね。わかります。
退路が断たれてしまうようで。


怖い場合は、


棚上げすることを決める、と考えればいいでしょう。


【まとめ】
決断のセカンドステップ

捨てるものを決める。
自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける4

2008/05/21(水) 00:45:24

こんにちは。ヒューマンツール研究所の穂浪です。

今日は、「自分はちょっと優柔不断だ」という方向けの
トピックです。

「複数の選択肢から一つを選んで決断する方法」のお話です。

人生において、決断とは、無限にある可能性の
選択肢の中から、一つの道を選ぶことです。
進学、就職、結婚、独立などは比較的大きな
決断ですね。

また、セルフイメージのアップやダイエットの成功などは、
比較的小さな決断なわけですが、もちろん、どのような
方法論をとるか、などもさらに小さな決断が必要です。

しかし、大きな決断も小さな決断も、いざ決めると
なると、怖くなったり不安になったりするものです。

それは、決断と後悔をどうしてもワンセットで
考えてしまうから・・・。

そう考えてしまうのも当然のことで、
イメージとしては、決断とは、航海でいうところの
船の舵をまわすということに似ている
のだと思います。

で、船の舵をまわして、ほんの1度進路の方向を変えた
だけでも、最終到着地は、大きくズレてきます。

ましてや、45度の角度で進路を変えるとなると、
全然違う場所へ到着してしまったり、遠回りになって
しまったりするわけで、そのような大きな決断を
することに不安になるのは自然な感情でしょう。

「決断すること」にはそのようなイメージがあるので、
なかなか思い切れないわけですが、逆に言うと、
進路を決定しなければ、船は目的地に到着できません。

つまり、決断をしなければ、目的地、すなわち
自分の理想に近づけない、もしくは風まかせに
なってしまう
ということです。
まずは、この点を意識することがファーストステップです。


もっとも、目的地がはっきりしていない場合は
この限りではないですが・・・。

【まとめ】
決断のファーストステップ
まずは、決断をしなければ、目的地に到着できない、
あるいは、到着が遅くなることを意識する。


次回は、決断のセカンドステップです。


自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける3

2008/05/16(金) 01:45:35

お疲れ様です。ヒューマンツール研究所の穂浪です。

「最初の一歩を踏み出す」ために大事なのが決断すること。
行動力がない理由の一つが「決断できないから」なんですね。
このあたりは前回お話しました。

今日は、決断のテクニックの話です。
結構決断が苦手な人もいるかもしれませんね。

でも、やり方はとってもカンタン。

具体的にやることを一つだけ決める。

とにかくとりあえず決めることが大事です。

今回はセルフイメージアップのための行動をすること
が目的ですので、

たとえば、
「今日中にセルフイメージを高める言葉を紙に
書いてパソコンに貼る」


ダイエットなら
「お昼は明日から1ヶ月間、そば1盛だけにする。」
とか。

決断のコツは、期限や期間などを決めることです。
始点と終点がないから、そこに密度が生まれないのです。

また、終点を決めることは、行動したかどうかの検証が
できるので、「やらなかった」ことが自覚できます。

次回は、一つに決められないときのテクニックです。
自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける2

2008/05/12(月) 07:48:42

こんにちは。ヒューマンツール研究所の穂浪です。

あなたのセルフイメージを高めるための
動機は、はっきりとした強いものでしたか?

やらなければいけない、またはやりたい理由をできるだけ
たくさん考えることで、動機を強めることができます。

さて、次に、強い動機があるのに、多くの人がなかなか
できないこと。
それが、「最初の一歩を踏み出す」こと。

最初の一歩を踏み出さないと、永久に行動できません。

そして、最初の一歩を踏み出す瞬間。
それを決めること。それが、「決断」です。

実は、「決断と行動」は、切っても切れない関係です。

決断しない(できない)から、行動ができない。

これ、すごく大事なんです。

決断とは、「決めて断ち切る」こと。

つまり、一つに決めて、その他のオプションを
切り捨てるということです


行動することが大きければ大きいほど、
何かをあきらめないと、その行動はできません。

時間的にも、労力的にも・・・。

最初の第一歩を踏み出す前に、
「決断」をすること。

次回は、決断のテクニックをご紹介しましょう。

(参考文献:ジェームススキナー著「成功の9ステップ」)

自分磨きTB:0CM:0

行動力をつける1

2008/05/08(木) 08:43:39

こんにちは。前回まで、セルフイメージを上げると
いう話をしてきましたが、行動に移す段階で
つまずいている方が多いのでは、ということで、
今回から、「行動に移す」ということをテーマにお話して
いきたく思います。

行動に移す上で、一番大事なことって何だと思いますか?

能力? 時間? やる気? 環境?

そうですね。それらも大事です。

しかし、最も大事なのは、「動機」だと思います。

つまり、「なぜそれをやらなければならないのか?」とか、
「なぜそれをやりたいのか?」

セルフイメージアップについて、やり方がわかったのに、
行動を起こせなかった人は、今の2つの質問をしてみれば、
その理由がわかるかもしれません。

明確に答えられなかったら、セルフイメージをアップする
意味や効果などがわからないということかもしれませんし、
そもそも興味がないのかもしれません。

答えられても客観的に見て、動機が「弱い」場合も、
行動を起こせない理由かもしれませんね。

逆に、明確で強い動機があれば、行動を起こす
ことは簡単になります。


「もうバカにされたくない。」
「もういじめられたくない。」
「もっともっと仕事ができるようになりたい。」

などなど、人それぞれいろいろな動機があると思います。


あと、上級テクニックとしては、わざと「動機」を作って、
行動せざるをえない状況を作る
という技もあります。

俗に言う、「自分を追い込む」というものですね。
イチローなんかは、自分を追い込む名人と言えるかも
しれないですね。


それではまとめです。

行動力をつける第一歩は、

「動機を明確かつ強いものにする」


自分磨きTB:0CM:0

仕事が楽しくなる小説

2008/05/03(土) 21:44:39

もうひとつ、ブログをはじめました。

タイトルは、「仕事が楽しくなる小説」

こちらは、ストーリー仕立てで、仕事が楽しくなる方法や
人間のしくみについて、リアルにお伝えする小説となって
います。

http://ameblo.jp/humantool

是非ご覧下さい!
未分類TB:0CM:0

セルフイメージをあげる7

2008/05/03(土) 21:35:32

GWに入りました。いかがお過ごしですか?

セルフイメージを上げることについて、
お話してきましたが、恐らくあなたは、
何もしていないことでしょう(笑)。


あ、責めてるわけではないですよ!
私もダイエットなかなか続きませんもん。

このページからこのブログを見だした人は
ともかく、セルフイメージを上げることがいいことだ
とわかってても、多くの人はなぜ何もしないのか?


これは、私にとってとても興味深いことでした。
なぜなら、このメカニズムがわかれば、
「行動力」とか「実践力」がつく
からです。

さて、人は、なぜいいとわかってることができないのでしょう?

理由はいろいろだと思いますが、次にパターンを
書き出しましたので、今回、セルフイメージアップのために
行動を起こせなかった人は、思い当たる節があるかどうか
見てみてください。


①本当に必要、重要だと思っていない。
②いつかはやろうと思ってそのときはやらなかったが、
 その後すっかり忘れてる。
③何から手をつけたらいいのかわからない。
④失敗が怖くて、はじめの一歩が踏み出せない。
⑤もっといいやり方があるはずだ、と思ってやらない。



いかがですか? きっと、多くの人が、複数の理由が
重複していたのではないでしょうか?

実は、ここをクリアしないと、セルフイメージアップも望めない
んですね。

次回は、このあたりのメカニズムを解明していきましょう。

自分磨きTB:0CM:0

セルフイメージをあげる6

2008/05/01(木) 02:00:30

理想のセルフイメージを継続してイメージし続ける
ための具体的方法の上級編です。

(上級編)
①理想のセルフイメージをもたらす
CDセミナーを常に聞く。


車や電車での移動中は常にCDを聞きます。
細切れ時間でも積み重なるとものすごい時間
となります。1日平均30分なら、
1ヶ月で15時間。1年で180時間となります。
これってすごい時間の捻出だと思いませんか?

私は、1つのCDを最低10回聞くことにしています。
いいものは、20回以上聞きます。
すると、着実にセルフイメージが上がっていきます。
一見大変そうですが、CDはただ流しているだけ
で効果があるので、「聞こう」と力む必要がありません。
だから、続けられるのです。

力むと疲れるし長続き続きしないので、
楽してできて、効果が高いこの方法を
おすすめします。

ただ、難しいのは、そのようなCDを
探すことです。
今は、結構そのようなCD付きの書籍を
売っていますので、AMAZONなどで
探してみましょう。


②自分のセルフイメージアップのための
曲を集めた専用CDを作って聞く。


音楽が心理に作用することは、誰しも経験が
あることと思います。
ここでは、もっと積極的に音楽をセルフイメージ
アップに活用する方法
を紹介しましょう。

TVでもおなじみ脳科学者の茂木健一郎氏は、
日常、音楽を活用しているそうです。
仕事のときは、活力ある音楽。
ほっと一息つくときは、癒しの音楽。
というように音楽をシーンに応じて使い分け、
気持ちのスイッチにして切り替えているそうです。

これをセルフイメージアップに応用します。

たとえば、もっと根性をつけたい人は、
「ガッツだぜ」「ロッキーのテーマ」などを
ことあるごとに聞く。
人にやさしくなりたい人は、
「サンキュ」「乾杯」など。

歌詞を選んで繰り返し聞くこと。

音楽は無意識の部分に働きますので、
すごい効果があります。

③セルフイメージダウンにつながる
情報や人を遮断する。


情報を入れることに気をつかっている人は
多いですが、情報を入れないことに気を
つかっている人は少ない
です。

今は情報社会ですから、ほうっておくと、
どんどん自分にとって悪い情報も入って
きます。

たとえば、不景気、人間の荒廃、いじめ、
国政への不満、将来への不安をあおる事件
などなど。
それがセルフイメージのダウンにつながって
しまう。

だから、そのような悪い情報をできるだけ
遮断するのです。

情報を遮断すると言うと少し不安になる
かもしれませんが、大丈夫、遮断しても
あなたにとって重要な情報ならいやでも
入ってきます。
それよりも、悪い情報を入れる弊害の方が
大きいのです。

具体的には、情報を選んで入れるように
します。


読む本を選ぶ。新聞でも記事を選んで
読む。TVでも、何となく見るのではなく、見る
ものを選ぶ。もちろん、セルフイメージダウンに
つながらないものを。



以上が上級編です。
おそらく「ここまでやらないといけないのか」
引いてしまった人もいるかもしれませんね。

以上は、アイデアを述べたにすぎません。

要は、1滴1滴を自分の器に力強く着実に
垂らすことにつながることをやっているか
どうか
です。

もし、日常の生活にそのような行動をとって
いないなら、初級編、上級編を参考に何を
やるかを考えて、実行してください。

もちろん、今のセルフイメージは、あなたが
長いこと付き合っているイメージですから、
すぐには変わらないかもしれません。

しかし、これらの1滴1滴を着実に実行する
ことで、セルフイメージを少しずつでも着実に
アップさせることができるでしょう。

ぜひとも「やらなければならない状況」を
作ってやってみてください。
自分磨きTB:0CM:0
ホーム全記事一覧

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。