仕事の悩みに効く薬 「仕事が楽しくなる人間学」 by ヒューマンツール研究所

仕事、人間関係、自分磨き、能力アップ、コミュニケーションなど、このブログでは、読むだけで試してみたくなる、仕事や人間関係がどんどんよくなっていく情報をご紹介します。「わかりやすくて今すぐにでも試せるスキル」の提供がモットーです。

プロフィール

ほなこう

Author:ほなこう
ヒューマンツール研究所へようこそ!

当研究所では、あなたの仕事が楽しくなるための情報やメソッドを日夜研究。
仕事力アップ・人間関係改善・自己分析・自分磨き・自分探しに私たちをお役立てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

本当の悩み

2008/06/23(月) 09:01:18

自分を信頼してくれて相談してくれる。
こんなときは親身になって相談にのってあげたい
ものですね。

しかし、相談ごとと言うのは、相談者が、
「1足す1がわからないんです」というような
明確な答えが出る相談はほとんどありません。

また、自分で答えを持っているのに相談してくる人もいます。


興味深いことに、相談者が相談するときには、
相談内容しか言いません。

まったく知識がないから教えて欲しいんだけどさあ、とか
自分答え持ってるんだけどさあ、とかまず言いません。

何が一番聞きたいことか、何が一番解決したいことかが、
明確な状態で相談してくる人はいないと思った方がいいです。

多くの相談は、あいまいな状態で始まり、進んでいく
のです。

だから、相談を受ける側としては、次のことを見極める必要が
あります。

「この人は相談することによってどうなりたいんだろう。」と。


相談を受ける際に陥りやすい失敗は、相手の言葉じりだけを
とらえたり、十分な確認をしないまま決め付けてしまうこと
です。

そして、安易にアドバイスしてしまう。

すると、どうなるか?言うまでもありませんね。

だから、
具体的に、例えば、なぜ・・・などの質問を使って、
より掘り下げていき
、言葉以外にも、相手のしゃべり方、
表情、態度、しぐさ、視線、声の出し方など、言語以外の
部分も注意深く見るよう最大限の努力をする
必要があるのです。


スポンサーサイト
マネジメントTB:0CM:0
<< 相談の技術~共感ホーム全記事一覧使える知識を小説で読んで、解説で納得! >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humantool.blog70.fc2.com/tb.php/33-a75e4746

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。