仕事の悩みに効く薬 「仕事が楽しくなる人間学」 by ヒューマンツール研究所

仕事、人間関係、自分磨き、能力アップ、コミュニケーションなど、このブログでは、読むだけで試してみたくなる、仕事や人間関係がどんどんよくなっていく情報をご紹介します。「わかりやすくて今すぐにでも試せるスキル」の提供がモットーです。

プロフィール

ほなこう

Author:ほなこう
ヒューマンツール研究所へようこそ!

当研究所では、あなたの仕事が楽しくなるための情報やメソッドを日夜研究。
仕事力アップ・人間関係改善・自己分析・自分磨き・自分探しに私たちをお役立てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

2009年を迎えて

2009/01/05(月) 02:06:45

新年明けましておめでとうございます。

本年も「仕事が楽しくなる人間学」をよろしくお願い申し上げます。

今回のトピックは硬い内容に思われるかもしれませんが、大事なことなので是非聞いてください。

さて、2008年半ばから年末にかけて、不況がさらに深刻化していき、多くの企業で「派遣切り」に代表される人員整理が行われました。

また、一方で不況だけでなく、消費者の感性や経済のしくみが急激に変わりました。

そう、「働く」ということも変化する時期に来ているのです。

いや、正確には、「働く」ということは、今までも変化してきています。

終身雇用が崩れたこと。年功序列から成果主義への変化。派遣やパートなどの形態の仕事の増加。仕事のシステム化やIT化。頭脳労働へのシフト。仕事のプロジェクト化・・・などなど。

いい悪いは別にして、多くの企業で多くの働く人が以上のような変化への対応を迫られてきました。
だから今にはじまったことではないのですが、今回は変化のスピードが違いますよね。
ここに多くの人がとまどったり、先行きが見えなかったり、不安になったりする理由があると思います。

しかし、不安がってばかりいてもしょうがありません。不況のせいにしてもしょうがありません。
こんなときこそ働く人は自分がこれから何をすべきか?今何ができるか?を見つめなおす必要があるのだと思います。

変えなければいけないこと。変えてはいけないこと。それらを見極めて、見つめなおす。

実は、昨今のように変化のスピードが速いと、かえってそれらはわかりやすいのです。
なぜなら、以前と比べて、変わったことと変わってないことの成功例・失敗例を見ればいいのだから。

あなたの周りをよく見れば、ごろごろ転がっているはずです。

2009年、しょっぱなから硬い内容になってしまいました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。





スポンサーサイト
未分類TB:0CM:0
<< イメージと現実ホーム全記事一覧質問の細分化2 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humantool.blog70.fc2.com/tb.php/53-ee93510f

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。