仕事の悩みに効く薬 「仕事が楽しくなる人間学」 by ヒューマンツール研究所

仕事、人間関係、自分磨き、能力アップ、コミュニケーションなど、このブログでは、読むだけで試してみたくなる、仕事や人間関係がどんどんよくなっていく情報をご紹介します。「わかりやすくて今すぐにでも試せるスキル」の提供がモットーです。

プロフィール

ほなこう

Author:ほなこう
ヒューマンツール研究所へようこそ!

当研究所では、あなたの仕事が楽しくなるための情報やメソッドを日夜研究。
仕事力アップ・人間関係改善・自己分析・自分磨き・自分探しに私たちをお役立てください。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

スポンサーサイト

--/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

魅力をつけるには ~自分を磨く

2008/04/20(日) 03:36:28

魅力をつける方法はいろいろあるので、その1として、
「自分が欲しい魅力のつけ方」を書いてみたいなと思います。

欲しい魅力をつけるには、まずどのような魅力をつけたいかを
明確にする
必要があります。

カリスマ的な魅力をつけたいのか、愛くるしいみんなに
愛される魅力をつけたいのか、異性をひきつける魅力か、
具体的に明確にします。

明確になったら、自分の外側と内側にどのような要素が
足りないか
をあげていきます。

ここで言う外側とは、外見、動作、姿勢、表情などを言います。

そして、内側とは、考え方、知識、経験、性格、人格を言います。

ここで、ポイントは、そのような魅力がすでにあるモデルとなる
人物を一人か二人あげて、違いに着目し、内側のものと外側の
もののうち、リンクしているもの
を見つけます。

そして、足りない要素がわかったら、
外側と内側の足りない要素を追加していきます。

お気づきかもしれませんが、多くの人は、外側はやるのですが、
内側を磨く人が少ないのでは、と思います。
同時に磨いていかないから、不自然になってしまうのです。

もちろん、内側だけ磨いても片手落ちです。

「同時に」がポイントです。

ここまで書いていて、
「そんなの面倒くさい」という声が聞こえてきそうですね。

しかし、これを無意識にやっている人は多いです。

師匠に付いて、教えを乞い、徹底的に研究する。
芸能人やカリスマモデルのファッション、しぐさ、
しゃべり方をマネする。
尊敬する人の生き方を取り入れる・・・など。

それだけでも何もしないよりよっぽど魅力がつくわけですが、
「内側と外側を同時に磨く」ということが見えてくると、
より本物の魅力がつくわけです。

まあ、外側だけやることは、メッキ加工するような
もので、すぐにはげてしまうわけですね。

また、内側だけやっても魅力がなかなか付かない
人は、それを外に表現するのが苦手な場合が多いので、
外側を特にウェイトを置いて、自分を磨くといいと思います。


次にもうひとつの方法の紹介です。

スポンサーサイト
自分磨きTB:0CM:0
<< セルフイメージをあげる1ホーム全記事一覧魅力の土台部分 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://humantool.blog70.fc2.com/tb.php/9-15661780

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。